日本漢方に中医学理論を導入した中医漢方薬学

 中医漢方薬学の提唱

 科学としての中医学

 漢方の証と症の字

 漢方エキス剤の意義

 漢方関連相互リンク集

 中医漢方薬学の理念

 漢方薬小論文集

 肝胆系統の概括

 肺系統の概括

 相互リンク(1) ()

 中医漢方薬学論の要

 漢方処方新見解

 脾胃系統の概括

 お問合せフォーム

 相互リンク集(3)


漢方処方新見解

 

竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)

 

 本方は、「肝・胆・三焦の実火で湿熱内盛」に対する方剤であり、

①上・中部の肝火(肝胆実火上擾)に対する効能と、

②下部の肝熱(肝胆湿熱下注)に対する効能

 の二種類に分類することが出来る。

 

 ①は、肝胆の実火の上擾による頭痛(頭部の脹痛を含む)・眩暈・目が充血し腫脹と疼痛を伴う・難聴・耳の腫脹・胸脇部の脹痛など。

 ②は、肝胆の湿熱下注による小便が出渋って痛む・陰部の腫脹・陰部の掻痒・悪臭を伴う粘稠な帯下・舌質は紅・舌苔は黄・脉は弦数で力があるなど。

 臨床応用としては、自律神経失調症・偏頭痛・高血圧・頭部の湿疹・急性結膜炎・虹彩毛様体炎・緑内障・急性鼻炎・鼻前庭および外耳道癤・急性中耳炎・急性黄疸性肝炎・急性胆嚢炎・急性腎盂腎炎・急性虫垂炎・膀胱炎・尿道炎・前立腺炎・急性骨盤内炎症(急性内性器炎)・膣炎・睾丸炎・副睾丸炎・鼠径リンパ腺炎・帯状疱疹・ベーチェット病・湿疹およびアトピー性皮膚炎など枚挙に遑がない。

 

 上記以外の各種の疾患でも、「肝胆三焦実火・湿熱内盛」という病機の範疇に属する限りは、極めて広範囲な領域の各種疾病に応用が可能である。各種の急性感染症・皮膚疾患・眼科疾患・内分泌系疾患・泌尿生殖器系疾患・耳鼻咽喉科疾患のみならず、各種の出血性疾患や血液系疾患にまで応用可能な方剤であり、肝胆実火に対する最も代表的な方剤である。

 なお、日本国内で製造販売されている竜胆瀉肝湯エキス製剤は、出典が異なるため「柴胡」の配合が欠けているので、注意が必要である

 

 以上、私見に加えて、

 ①潮祖先生の『中医治法与方剤 第三版』(人民衛生出版社)

 ②方文賢主編『中医名方臨証秘用』(中国中医薬出版社)

 ③王元武・赤堀幸雄共著『方義図解 臨床中医方剤』(医歯薬出版)

 の三冊を参考にさせて頂いた。

 

トップページ